HOME -> 受け

受け

アダルトの世界では二人の求め合う人の立場、立ち位置、関係性をさまざまな言葉で表現します。マゾヒストとサディスト。たちとねこ。受けと責め。ただこれらの言葉は似て非なるものでなってどれもニュアンスからして違う物になります。マゾヒストとサディストは主従関係を指しますし、たちとねこは同性愛者の中でのことです。じゃぁ受けと責めとはなんでしょうか。ハードな意味合いを持つ訳でもなく、ただ単純に配役にちかい意味合いだと思うんですよね。変な話、そのほかの関係性だと逆転するのはすこしよいしょがいるような気がするんですけど、受けと責めってスイッチ一つみたいな感覚でサラッと交代することが出来ますよね。そこが大きな魅力ですよね。プレイの中で受けや責めを意識してすることってあまりないと思うんですけど、プライベートセックスのなかでもたまに意識して交代するのもまた楽しい要素になるかもしれないですね。徹底的に受けに回るのもなかなかいいかもしれませんね。

受けフェチ動画・マニアックDVDのフェチマニアック映像制作所

アマゾン、楽天ブックス、HMVでもフェチマニアック映像制作所商品が購入できます!DMMでフェチマニアック映像制作所の商品を購入する全国展開している風俗エステ店の回春性感マッサージ倶楽部で遊ぶ