HOME -> 愛液

愛液

愛液とは、女性が直接的な性刺激(性器や乳房への愛撫)を受けたり、
精神的な性刺激(好きな人に手を握られたり、洋服を着た状態で抱きしめられるなど)を受けると、
膣周辺の毛細血管が充血し、膣粘膜の細胞と細胞の隙間にあるバルトリン氏腺を通して、
糖タンパク質を多量に含んだ分泌液が出るが、その液のこと。

女性器が濡れてきてペニスがスムーズに挿入しやくする役目がある。
膣分泌液ともいう。

通常、一回の分泌量は数ミリリットルと少ないが、
パンティーまでぐしょぐしょに濡らしてしまう女性もいる。










愛液とは、女性の膣から出てくる分泌液です。
呼び方としてはマン汁、ラブジュース、膣液などさまざまです。

女性が性的に興奮したときに透明から白味かかった液体が出てきますが、これはおしっことは違います。
チーズのような独特のにおいがあり、出てくる量は個人差があります。
おもらしをしたのかと思うほど濡れる女性もいれば、なかなか濡れない女性もいます。
感じやすい女性ほど愛液がたくさん分泌されます。

愛液はペニスを挿入した際の潤滑油の役割をはたします。
つまり、愛液が出ていない状態でペニスを挿入すると、女性に苦痛を与えることになります。
女性をしっかり興奮させて、指や舌などで膣を愛撫することが重要になります。

また女性の秘部を愛撫し、愛液をグジュグジュ鳴らすことで更なる興奮を与えることができます。
愛液が少ない女性を相手にする際には、ローションなどかわりの物を使うのも有効です。
しっかりと濡らしておかなければ血が出てしまったり、今後の挿入を拒まれる危険性があります。


また、シーツなどにおねしょをしたように
「水溜り」や「地図」を作るほど分泌量が多い女性もいる。

年齢を重ねるほど潤いを失うため、
性交時に性交痛を伴ったり、男性の勃起不能や勃起不全と同様に、
性的興奮が得られずにアソコがまったく濡れないこともある。

風俗店でのプレイ中に濡れなければオンナのコもただ痛いだけ。
そんな時には、潤滑ゼリー等を塗る。


ソープランドやホテトル、ちょんの間、立ちんぼなどの本番系風俗嬢がそっと忍ばせ、
お客さんに気づかれないように、サッとおまんこに塗る。
それを知らないお客は
「こんなに濡れて......俺ってテクニックあるなぁ」とか
「淫乱女め」と喜ぶことになる。
逆に、アジアンエステや立ちんぼなどの外国人は、
客の前であからさまに股を広げて塗りたくるので、興ざめする。




愛液フェチ動画・マニアックDVDのフェチマニアック映像制作所

アマゾン、楽天ブックス、HMVでもフェチマニアック映像制作所商品が購入できます!DMMでフェチマニアック映像制作所の商品を購入する全国展開している風俗エステ店の回春性感マッサージ倶楽部で遊ぶ